塗布技術研究会では、年2回定例会(春、秋)を、関東、関西、計4回開催します。定例会では会員様より、輪番にてオーラル形式でご発表、討議します。参加は、会員様は関東、関西限らず自由に参加でき、それ以外の希望者も参加費(4000円)にて参加頂けます。例年、関東では、東京新宿区の新宿文化センター、関西では、大阪研修センター十三にて開催しております。

第61回定例会のご案内

関東会場 2018年4月16日(月曜日)13時から18時
【新宿文化センター 4F 第1会議室】
JR他 新宿駅東口 徒歩15分
Tel.03-3350-1141 →地図(PDF:77KB)
 
関西会場 2018年5月18日(金曜日) 13時から18時
【大阪研修センター十三 C会議室】
阪急電鉄十三駅西口から徒歩3分
大阪国際空港(伊丹空港)からモノレール→電車→徒歩 計約20分
Tel.06-6302-4040 →地図(PDF:312KB)
 
 
プログラム(関東会場)

発表題目

◎◎ 業界からの話題提供/文献紹介
【 会社紹介と論文紹介
「Fabrication of cellulose nanofiber-based ultrafiltration membranes by spray coating approach」
Z.Wang, H.Ma, B.Chu, B.S.Hsiao,
Journal of Applied Polymer Science, Volume 134, Issue 11(2017)】
光田 健洋氏(スリーエム ジャパン)
【塗膜の測定と乾燥挙動解析】
和田 晋一氏(凸版印刷(株))
【特別講義】
講義テーマ(予定)
1. Potential of slot dies operating in the "short-curtain-coating-mode" for paper coating
2. Diffusion-optimized convection dryer and its application in the paper industry
3. New Ways of coating and drying of liquid films
Prof. Dr. Dr. h.c. Franz Durst(FMP TECHNOLOGY GMBH)
 
プログラム(関西会場)

発表題目
◎◎ 業界からの話題提供/文献紹介
【ポリスエステルフィルムの高機能化への取組み】
久保耕司氏(帝人フィルムソリューション)
【粒子分散系塗膜における乾燥の影響】
宇賢司氏(住友ベークライト)
【シワ構造を利用した可変な表面形状の付与とその摩擦特性に関する研究】
鈴木航祐氏(神戸大学)
【塗布流動シミュレーションにおける塗液物性の影響 】
安原賢 氏(三菱製紙)