塗布技術研究会では、年2回定例会(春、秋)を、関東、関西、計4回開催します。定例会では会員様より、輪番にてオーラル形式でご発表、討議します。参加は、会員様は関東、関西限らず自由に参加でき、それ以外の希望者も参加費(5000円)にて参加頂けます。例年、関東では、東京新宿区の新宿文化センター、関西では、大阪研修センター十三にて開催しております。

第63回定例会のご案内

関東会場 2019年4月26日(金曜日)13時から18時
【新宿文化センター 4F 第1会議室】
JR他 新宿駅東口 徒歩15分
Tel.03-3350-1141 →地図(PDF:77KB)
 
 
関西会場 2019年5月17日(金曜日)13時から18時
【大阪研修センター十三 C会議室】
阪急電鉄十三駅西口から徒歩3分
大阪国際空港(伊丹空港)からモノレール→電車→徒歩 計約20分
Tel.06-6302-4040 →地図(PDF:312KB)
 
プログラム(関東会場)
発表題目
◎◎ 業界からの話題提供/文献紹介
「Particulate Coatings via Evaporation-Induced Self-Assembly of Polydisperse Colloidal Lignin on Solid Interfaces」
Oriol Cusola et al. Langmuir, 34, pp.5759-5771(2018)
堀有佑氏(※代理発表)(リンテック)
溶剤を使用しない粘着付与樹脂の乳化技術とアクリル系エマルション型粘着剤への応用
濱田武彦氏(※代理発表)(サイデン化学)
燃料電池触媒層のひび割れ形成メカニズムとその制御】 ※時間:25分(質疑含め)
熊野尚美氏(※代理発表)(豊田中央研究所)
会社紹介と塗布製品について】 ※時間:25分(質疑含め)
柴田祐二氏(日本ゼオン)
シリコーン光学フィルムのCAE解析
津田武明氏(ダウ・東レ)
 
プログラム(関西会場)
発表題目
◎◎ 業界からの話題提供/文献紹介
グリップフィード装置開発のご紹介
日浅丈夫氏(ヒラノテクシ−ド)
塗工システムにおける泡に関する考察
小林弘明氏(日東電工)
「Crack analysis of barrier coatings based on starch and starch-PVOH with and without plasticizer」
Asif Javed, Peter Ratto, Lars Jarnstrom and Henrik Ullsten, Nordic Pulp & Paper Research Journal, 33(2), pp.336-347(2018)
小蜿~氏(王子ホールディングス)
シリコーン光学フィルムのCAE解析
津田武明氏(ダウ・東レ)