塗布技術研究会では、年2回定例会(春、秋)を、関東、関西、計4回開催します。定例会では会員様より、輪番にてオーラル形式でご発表、討議します。参加は、会員様は関東、関西限らず自由に参加でき、それ以外の希望者も参加費(5000円)にて参加頂けます。例年、関東では、東京新宿区の新宿文化センター、関西では、大阪研修センター十三にて開催しております。

第67回定例会のご案内

関東会場 【Teamsオンライン開催とします】
2022年1月31日(月曜日) 13時から16時
会場:Microsoft Teamsによるオンライン会議
 
関西会場 【新型コロナ対応のためオンライン・オンサイト併用の双方向ライブ配信とします】
2021年12月6日(月曜日)13時から17時
会場:大阪研修センター 及び Microsoft Teamsによるオンライン会議
 
プログラム(関東会場)
発表題目
◎◎業界からの話題提供/文献紹介
【文献紹介:『How do drying methods affect quality of films? Drying of polymer solutions under hot-air flow or infrared heating with comparable evaporation rates』, Taiki Kinnan, Yoshio Kendo, Michiro Aoki, Susumu Inasawa, Drying Technology, Published Online:01 Oct 2020】
堤氏(日鉄ケミカル&マテリアル株式会社)
【塗工品質を高めるポンプの選び方】

島崎氏(株式会社タクミナ)

【グループ討議 (3グループに分かれて討議)】
1.「乾燥方式と塗膜の品質について」
主催 稲澤先生(東京農工大)
2.「コーティングにおける液供給系の課題について」
主催 山村先生(九州工大)
3.「濃厚スラリーの塗布操作 〜スラリーコーティングWGの再始動に向けて〜」
主催 菰田先生(神戸大)
 
プログラム(関西会場)
幹事: 日浅 丈夫(ヒラノテクシード)
発表題目
◎◎業界からの話題提供/文献紹介
【Ribbing instability of Newtonian fluid coated on a topographic surface
Masato Yamamura
J. Coat. Technol. Res., 17 (6) 1447-1453, 2020】
柴田 悠介氏(東洋紡)
【フィルム塗装について】
久保 耕司氏(東洋紡)
【(株)UACJの塗装アルミニウムフィンについて】
森下 拓耶氏(UACJ)
【微粒子を含む濃厚塗液の塗布流動シミュレーション】
安原 賢氏(MPM数値解析センター)